初期ミルクール・タイプ
mirecourt


フランスのミルクール地方は
古くから楽器の産地として知られています
19世紀初頭のミルクール・タイプのギターは
他の地域のギターに比べ全体にややスリムな形状をしています
19世紀の代表的なギター製作家であるルネ・ラコ−トは
ミルクール出身で、1820年代にはこのようなスリムなボデイの
ギターも製作していたようです

この楽器は発音が明瞭で
よく歌ってくれます















弦長:620mm〜645mm

材質
  top:ヨーロッパスプルース
  side&back:メープル
  neck:リンデン(エボニー巻)
  head:ペグヘッドor マシンヘッド
  finger-boad:エボニー
  bridge:エボニー
(ピン・タイプ)

ニス仕上
  セラックニス フレンチポリッシュ仕上

フレッティングは西垣正信氏設計の
  古典音律(バロッティ&ヤング音律)
  鈴木勝氏設計のSuzuki 音律も可能です

Price:¥500000


お問い合わせは
 
でお願いいたします


他のミルクール・タイプ

2017年5月29日新作

製作工程


Back                        Home