19世紀ギター
初期ミルクール・タイプ




今回のものは特注で製作したものです
弦長:630mm







10フレット以降は
エボニー・ベースに象牙フレット




注文により
ブリッジのピン穴部にも白蝶貝を貼りました
これはオリジナルにも見られるものです




ニス仕上げは
表は淡くステインした後、オイル・フィニッシュ
横・裏は主にシード・ラックで着色
その後イエローセラックで仕上げ

全体に
 open-pores(目止めをしない仕上げ)
フレンチ・ポリッシュ仕上げ














  

ヘッドのインレイは白蝶貝
注文を頂いた方が自ら
デザインされたものです

ペグの両端にも白蝶貝を入れています


  

ネックはリンデン材(菩提樹)に
エボニー(黒檀)の突き板(ベニヤ)を
巻いたもの

ヘッドはメープル材(カエデ)の両面に
エボニーを貼り付けています
側は黒ニス仕上げ




2011年新作ミルクール・タイプはこちら

2017年5月29日新作

Back                Home