初期ミルクール・タイプ製作工程






これから作り始める初期ミルクール・タイプと
モダン・タイプの表板、裏板、横板







これはミルクール・タイプの裏板、材質はメープル
四方にふくらみを付けた状態で剥ぎ付けたもの







補強材を接着







ミルクール・タイプの側板







響板を接着













ミルクール・タイプのボディが完成
(写真手前)
この段階で、すでにこの楽器は出来上がったも同然なのです
補強材の材質と位置、それらとボディの深さのバランスを
どのように纏めるかずいぶん悩みましたが
ほぼ狙いどうりの反応を得ることができました

ちょうどこの頃、フランスの博物館に所蔵されていた
プティジャンを修理する機会を得て
その楽器はネックが付け根から外れていたのです
これはたいへん参考になった
もちろん纏め方はかなり違う方向だが
足がかりがあると大いに助かる
そういう運にも、今回恵まれているのです







これらはネックとヘッド材
ネックはリンデン(菩提樹)
ヘッドはメープルとエボニー
ミルクール製のギターには
ヘッド材としてはブナの木がよく使われているが
今回は軽めのメープルを使う
19世紀ギターのネック材としては
この他にシナノキ、ホウノキ、など軽めの広葉樹
他にマホガニーやセドルでも極軽いものならば使うことはできる
オリジナルではスプルースを使っているものを見たことがある
この材質も軽いものであった







ヘッドを切り出す
これの両面に黒檀の板を貼り付ける







このように、まずヘッドの厚みを仕上げておき
Vジョイントも接着できる状態にしておいてからネックの仕上げにかかる
この写真の状態は、ヘッドは仮につないでいるだけでまだ接着はしていない

ネックには黒檀のベニヤを巻きつけるので
その分の厚みを差し引いた厚みまでキッチリと仕上げる

ボディとつながるヒール部分はネックに黒檀を巻いた後
接着する状態にまで仕上げてからそれに合わせて
これも黒檀の分を差し引いた状態で仕上げ
その後にヒール部に黒檀を巻きつける

つまり、ネックとヒール部は
ベニヤを巻く前の接着部の形状が異なるため
同時に黒檀を巻くことができない
そのため、1工程ずつ行うことになる

これまで見てきたミルクール製のオリジナルは
ネックとヒール部は一本の木で作られているが
ボディとの接着面が木口になってしまうので
強度が心配であるし、何よりもニカワの効きが
悪いので、私はL字形に接着している









ネックに黒檀のベニヤを貼り付けたところ









ヘッドを接着
この後ヒール部との接着箇所と
なるところからカットする







カットしたネックとそれに接合されるヒール部

YouTube動画参照下さい(ネックをカットする)

Heel部の下地仕上げ







このように原寸図を描いて行うと間違いがない







ベニヤの貼り方はよく問い合わせがあるので
今回、公開することにする
まずベニヤを貼る部分にニカワを塗り
しばらく乾かしてから







このようにアイロンで焼き付ける
このとき、ベニヤは沸騰させた水でしばらく煮ておく
また曲がりがきついところは
ベニヤをやや薄めに削っておく(0,3mmくらい)

これはイギリスの家具製作の伝統的な技法である

YouTube動画参照下さい







この後ネックと接合する







接着面がきっちりと合っていて
うまくニカワ付けが行われていれば
強度は十分にあるが
念のため写真のように補強材を入れておく







ネックの出来上がり





       

ネックを接着
ネックはボディに5mmほど埋め込んでいる
ホゾ組みはしていない

当時のミルクール製のギターは
ネックの接着はボディに直に
ベタ貼りされているものが多く
このように少し埋め込んだものは比較的少ない







ブリッジのムスタッシュを切り出す
材質はコクタン
コクタンは切るときに割れやすいので
0,5mmのベニヤを、木繊維が直角に交わるように
2枚貼り合わせこれをカットする







私はこういったものの下書きは
適当にフリーハンドで描き
糸ノコで切りながら修正していく

反対側のものはこれを反転して
ケガキ針であたりを付け
それを元に白エンピツで下書きする







切り抜いたものをニカワで焼付ける
ネックのベニヤ貼りと同じやり方







ついでに12フレット以降の
コクタンのフレットも接着しておく







木地の出来上がり
この後ニス塗りを行う

撮影のため楽器のバックに使った布は
フランスのリヨンで織られたもので古いものらしい



この後の工程はラプレヴォット製作工程
同じですのでそちらをご覧下さい







完成

新作ミルクール・タイプ

ラコート・タイプ製作工程


ラプレヴォット・タイプ製作工程


パノルモ・タイプ製作工程



Back                                  Home