モダン・タイプ

          * 弦長 650mm〜630mm

        *
材質
           top:
ヨーロッパ・スプルース
          side&back:
ローズウッド
             neck:セドル
           finger-boad:エボニー
           bridge:
ローズウッドorエボニー

         *
ニス・仕上
            
セラックニスopen-pores
            
フレンチポリッシュ仕上

         *フレッティングは
      西垣正信氏設計の古典音律
           鈴木勝氏設計のSuzuki 音律も可能です


         *Price:\500000


      
問い合わせは 

       
製作工程は こちら (オーク音楽教室HP)
       
製作工程 その2
       
製作工程の 動画 You Tube

 
 関連リンク
  
2008年作モダン・タイプ工藤信幸氏による演奏
 
 NOBUYUKI-KUDO : モダン・タイプ使用
                
ルネッサンスギター使用 
   RINTARO-N :
モダンタイプ、バロック・ギター使用
   SIMON-ASHIDA :  モダン・タイプ使用
   2010年作小型モダン・タイプ 音出し
 
 2016年作小型モダン・タイプ 音出し 
 





表板は着色していないナチュラル仕上げ



こちらは薄く着色したノーマル仕上げ





やや濃いめに着色したもの
ニスの色、濃さは注文に応じます







現代のクラシック・ギターはフラメンコ・ギターから派生したものです
ですから、19世紀のギターとはほとんど繋がりがありません
楽器としての使用目的からいえば、まったく別のものだと言えます

私のモダン・タイプ・ギターは、19世紀ギターのように
フルート、ヴァイオリン、歌など他の楽器とアンサンブルをしたときに、
音の立ち上がり、伸びなどが不自然にならないような音作りをしています
つまり、楽器としての本来の機能を備えていることを重視しています

ですから、これまでのギターとは異質かもしれません
皆様はどう判断されますか



小型モダン・タイプ新作     ラコート風モダンタイプ

1980年代製作楽器の音(You Tube)


製作工程


Home