古典調律フレッティング・ギター

今回は変形ヤング音律を試してみようと思います
まずこれを参照ください

現在のギターに使われている音律は12平均律ですが
これはすべての半音を100セントとし1オクターブを
1200セント(100X12音)としたものです
そうしますと、たとえば12平均律のハ長調の主和音のド−ミ−ソ
のド−ミの長三度の音程は400セントとなり
ド−ソの完全五度の音程は700セントとなります

純正な五度(ゼロ・ビートと云い、「うなり」が全くない五度)は
セント値で言うと702セントとなります
ですから、12平均律の完全五度はほぼ純正と云えます
この2セントの違いは、よほど耳が訓練されている人でなければ
聞き分けることは困難でしょう

純正な長三度は386セントで
12平均律はこれよりも14セント広い音程です
これは、かなりひどい「うなり」が発生します
これは少し慣れればすぐに判ります
ギターで確かめてみてください
5弦の3フレットのドと4弦2フレットのミが判りやすいでしょう

ですから、ギターは長三度は不純だが5度が純正である
ピタゴラス音律のように旋律的な音律と云えます
一方、和声的な音律として
純正律やミーン・トーンといった音律があり
また、調号が増えるに従って和声的な三和音から
旋律的な三和音に変化していく
ヴェルクマイスター音律、キルンベルガー音律
ヴァロッティ&ヤング音律といったものがあります

参照サイト 音律入門  古典調律法


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

音律というものは、1オクターブを妥協して分割する方法
とも云い換えることができます
その時に三和音の長三度を純正にするか、あるいはそれに近いものにするか
五度を純正にするか、あるいはそれに近いものにするかの選択を迫られます
どちらも純正にしたいところなのですが
部分的にはできても無理なのです(五度圏が完結しない)
楽器製作と同じように
音律の世界もあちらを立てれば
こちらが立たずの世界なのですね

その妥協の仕方に様々な方法が考えられてきました
純正律は一つの調しか使えないので
合唱などでは使えますが
パイプオルガンのように音高が固定している楽器では無理で
実用的ではありません
そこで考え出された音律がミーントーン音律です
これは純正律に近く、純正律よりも多くの調を使うことができます
(すべての長三度は純正だが5度は一つを除いて他は
純正五度より約5セント狭い697セントにする)
ですが、ミーントーン5度(737セント)という
不純な広い5度が出てしまいます

それとは逆に5度を純正に取っていくと
長3度が広くなって不純になります
これら両方の問題点を解決するために、先に紹介したような
様々な試みが為されてきました

バロック音楽の通奏低音楽器として重要だったチェンバロは
一音ずつ弦の張力を変えて音の高さを変えることができます
ですから奏者の好みで様々な音律が使えます
バッハも様々な音律を試したようです
その音律のなかに、先に紹介した
ヴェルクマイスター音律などがあります
因みにキルンベルガー音律を考案した
キルンベルガーはバッハの弟子だったということです

このサイトで各音律での演奏を聴くことができます

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

音律の点から見ると、ギターはパイプオルガンに近い楽器と云えます
開放弦を合わせたら他の音が自動的に調律されるように
フレットが打ち込まれています
ですから、チェンバロやピアノのように
全ての音を一音ずつ調弦することはできません

演奏上の都合から、フレットは直線である方が便利ですが
12平均律ならば、半音はすべて同じですから
フレットをすべて直線にすることができます
12平均律はギターのためにあるようなものです
先に述べたように、これは旋律的な音律ですが
では和声的な音律のギターがあってもいいじゃないか
ということで考え出されたのが
ギタリスト西垣正信氏が開発された
フレッティング・プログラム N−sys です
これは現代のコンピューターがなければまず不可能なことで
ですからギター史上初めて為された画期的な事と云えます
最初の試みが為されたのは
1987年頃のことだったと記憶しています

古典調律のように12音の半音の間隔がそれぞれ違っていれば
それをギターに採り入れようとすれば
ギターのフレットは各弦に一つずつフレットを打っていくか
フレットを曲げて打ち込むしかありません
その場合、弦の長さを各弦変えればフレットの曲がりを
少しでも緩くすることができます
それをN−sysは計算してくれるのです

この場合、ミーン・トーンは計算上では可能ですが
フレットは断片的に打たなければならず
これは実用上使うのが困難です
例外として、22セントのシントニック・コンマを1/6にした
ミーントーン(シルバーマン音律)は可能です

ではヴェルクマイスターやキルンベルガーはどうでしょうか
これもミーントーンほどではありませんが
フレットをかなり曲げなければなりません
これは使えないこともありませんが演奏はしづらいでしょう

では、12平均律に近いヴァロッティ&ヤング音律はどうでしょうか
2フレットがややきつい曲がりになりますがなんとかなりそうです

ヴァロッティ&ヤング音律は(Vallotti & Young)
ヴェルクマイスターやキルンベルガー音律に比べると
調号の数が増えるに従って変化していく調性感が
緩やか、あるいは滑らかに変化していきます
それと同様フレットの曲がりも緩やかです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

最初に参照してもらった五度圏図のように
ヤング音律は五度圏のC−F#を中心に左右に分割し
左側の六つの5度を純正5度の702セントにし
右側六つの5度をやや狭い698セントにしたものです
これで1オクターブは1200セントになり五度圏が完結します
因みに12平均律は5度がすべて700セントです

ヴァロッティ音律は
五度圏のF−Hを中心に左右に分割したものです
こうするとハ長調とイ短調が最も協和度の高い調になり
調号が増えるに従い調性感が変化していき
ピタゴラス音律に近くなっていきます
最終的には嬰ヘ長調と変ホ短調で終わります

今回試みるG−C#分割ヤングは
ギターに向いた音律と云えるのではないでしょうか
ギターは#が一つから四つまでの調が弾き易く
その調の曲も多いことから、ギターは#系の楽器とも云えます

G−C#分割ヤングはこうした#が四つまでの調の
主和音をより良く協和させることができます
また欲張って変形させることによって
ハ長調も同様にすることができます
それが最初に見てもらった五度圏図です

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

それでは実際にN−sysにフレッティングを計算してもらいましょう
フレッティング・プログラム N−sysを開いてください

求められている音の欄に、望む音律の音高と12平均律との差を
セント値で入力します(半角英数)

12平均律それぞれの音のセント値は以下です
C:0  C#:100  D:200  D#:300
E:400  F:500  F#:600  G:700
G#:800  A:900  B:1000  H:1100

この値と
G−Cis分割 変形ヤング音律 五度圏
それぞれの音高との差は次のようになります
(Aを基準音にしています)

C:4  C#:-8  D:2  D#:-4
E:-2  F:2  F#:-6  G:4
G#:-8  A:0  B:0  H:-4

上の値を入力したら
弦長(Fill String Length mm)を入力します
今回のラプレヴォット・タイプは625mmに設定していますので
625を入力します
そして「Guitar Start」ボタンを押せば
自動的に計算してくれ、Output欄に数値が出ます

上の欄はそれぞれの弦の長さの指定値で
たとえば+1ならば0フレットを起点に1mm長く
−1ならば1mm短くします
これはナットでの値ですから
ブリッジ・サドルでも同様の処置を施し
オクターブが合うようにします
ですから、たとえば弦長625mmで計算した場合
+1ならば弦長は627mmということになり
−1ならば623mmということになります

その下の欄はギターの1弦から5弦までの
それぞれのフレットの位置が示されています
数値は補正していないナットからの距離です
6弦は1弦と同じ音高(E)ですので省略されています

12フレット以降はそれぞれの値の1/2を
12フレットまでの距離に足せば済みますが
弦長が長くなったり、短くなったりしている場合は
その値を足したり、引いたりした値を1/2します

たとえば弦長625mmの場合の上の音律の場合は
1弦の13フレットは12フレットまでの距離312.5mmに
ナット〜1フレットまでの距離36.4に0.6を足した値の1/2
18.5を足せばいいわけで、値は331となります
以下同様に全弦行います



その値を、このように指板に弦の線を引いた箇所に
それぞれのフレット位置として印していきます



そしてフレット位置の点を結んだ線のとおりに
溝を切り、フレットを打ち込めばいいわけです




板フレットは、納まる溝を切るのも仕上げをするのも手間がかかり
メンテナンスもたいへんなので
初めて古典音律フレッティングを為さる方のために
今回は作業が容易な現代のT字(キノコ形)フレットを使います
上の画像のフレットは頭の巾が1.3mmのものです

このフレットはアメリカのショップで入手したものですが
このフレットを打ち込むのにちょうどよい溝を彫ることができる
ミニ・ルータービットも販売されています



またこのビットを使い
ギターの指板に曲線の溝を彫るための
ルーターホルダーも売られています
ミニ・ルーターもいっしょに購入すれば
一度にすべて必要なものを揃えることができます






私は上に紹介したルーターホルダーが市販される前から
行っていたので、このように自作したものを使っています



ミニ・ルーターは近所のホームセンターで購入しました
プロクソン社プロクソン ハンディマルチルーターNo.28473
を使っていますが、他のものでも大丈夫だと思います
これは定格(連続使用可能時間)が15分なので
同じものを2台購入し、交互に使っています
フエキシブル・シャフトもホームセンターで購入しました



このように両手でコントロールしながら
フレット溝の下描きどおりに彫っていきます
動画参照ください



彫り進む方向は、向こう側からの方が
やり易いように思います
どちらから彫り進むにしても
指板の終わりのところで
ルーターの回転で振られてしまい
指板の端が欠けることがあるので
上の画像のように、彫り終わりのところを
あらかじめ外側から少し彫っておきます



1フレットを彫りました
ビットの巾が狭いので彫ったときの木屑が溝に固く詰まります
ですから同じところを何度かさらった方がいいように思います
私はそうしています



すべて彫り終えました
12フレットと19フレットは直線なので
いつものように手鋸で挽きました
あとはフレットを溝の曲線に合わせて曲げて
打ち込めば出来上がりです

フレット面の仕上げ方はこちらを参照下さい



完成
ラプレヴォット・タイプは音がよく伸びるので
音律の違いが判りやすいと思います










演奏の動画はこちらを参照下さい






参考までに、これはギタリスト鈴木勝氏設計による音律の
フレッティングです(参照

N-sysと違い、ナットとサドルが直線になっています


質問などありましたらこちらまで


Home