フィーデル
Fiddle













中世からルネサンス時代にかけて、実に多くの種類の楽器が作られました
それは、それだけたくさんの音が必要だったということですが
ここのところが、現代では見過ごされているような気がします
仮にどんな音でも思いどおりに作ることができるとしたら、次には
ではどういう音が必要なのかという課題が突き付けられます
どちらに転んでも楽器製作者には重い課題です
撥弦楽器を作る人間にとって、このフィーデル(フィドル)のような
擦弦楽器を作ることはいい勉強になります
ここに紹介したものは
当時のフレスコ画を参考にしてほとんど想像で作ったものです
 
price:¥500000
                                     
お問い合わせは                           Back